ミラクル!ミラーステージ

この季節になるといろんな場所でこいのぼりが見られますね。通勤途中の川にはたくさんのこいのぼりがかけられて川沿いに咲いた菜の花とのコントラストがとてもきれいです。

今回は弊社製品「ミラクル!ミラーステージ」を使ってその風景を作ってみました。


こいのぼりは、絵の具を練り込んだ粘土を伸ばし棒で板にして、はさみで形に切り抜いて本体を作りました。うろこなどのパーツをつけた後、少し体をカーブさせて乾燥。表面が乾くまでは丸いものの上(伸ばし棒や水筒)に置いておくときれいなカーブのまま固まります。


こいのぼりが完全に乾いたら口に裁縫用の針で木綿糸を通して針金にひっかけ、針金と糸が接している部分を接着剤で留めています。こいのぼり側の糸も玉結びせずに1cmくらい糸を残して接着剤で本体にべたっとくっつけました。


動きが生まれていい感じです。

こいのぼりがもっとミラーに映り込むように、針金を付ける位置をいろいろ工夫してみたら良かったです。反省点。あとうろこをもっとカラフルにしてもよかったですね。

●使ったもの●

・ミラクル!ミラーステージ

・水彩絵の具

・針と糸

・接着剤


Nihon Kyozai co.,LTD.

0コメント

  • 1000 / 1000